お尻のぶつぶつとホルモン

おしりのぶつぶつがいつの間にかできていたのは、40代になったころです。

なったときは、下着や石けんなどのせいにしていたのですが、病院に行ってニキビと診断され、後で考えたら、ホルモンのバランスが崩れていたのかと思いました。

40代にさしかかると、誰でもホルモンバランスが乱れ、なにかしらの不調が起こるようです。

私自身も、体調が悪かったり、体力が急に落ちたりしていたので、もしかしたらこれもホルモンのせいかもと思いました。

それに気づいたのは、ニキビがなくなってずっと後のことでした。

今考えると、ホルモンバランスの関係だとすれば、ちょっと良かったなと思うことは、1つはあまり気にしなかったことです。

ニキビなどはあまりそのことについて悩むとそれがストレスになって悪化することもあるといいます。

お尻は基本的には普段は見せることのない部分だったので、あまり気にしないで過ごしていました。 もう1つは、豆乳を飲んでいたことかなと思いました。

豆乳は40代になった頃から、ホルモンのバランスを整えるために飲んでいたものです。 飲んだり飲まなかったりしていたのですが、そのときはたまたま別の理由で飲んでいたからかなと思います。

イソフラボンなどが配合された石鹸をつかうことで、皮脂の分泌なども抑えられ、清潔に保つことで治ったんだと思いますが、気持ちの上で、リラックスしたり、こんなことをやるとサポートになるかなと思ったりするのも、回復への一歩だと思います。

おしりのぶつぶつがきれいになった石けんはこちら>>